北陸・甲信越のキャバクラで働く女性の体験談

キャバクラ求人実話 北陸・甲信越編

新着実話

おすすめ風俗体験談

男性たちの心の拠り所

"北陸・甲信越地方の冬は、太平洋側に住んでいる人たちには想像を絶する寒さです。
それでも男性は、毎日変わらず仕事に行き、家族のためにせっせと働いています。
そんな男性たちが仕事の帰りに暖を取るのが、キャバクラです。
あたたかい店内で美味しいお酒を飲んでいると、そのまま帰りたくないような気分になってしまう男性もいるようです。
しかし一歩店から外へ出ると、その厳しい寒さがポカポカした頭を嫌でもはっきりとさせてくれます。
ちょっとすっきりした頭で冷静になり、今日もキャバクラでお金を使いすぎてしまったと反省しながら、家族の待つ家へ帰っていくのです。

キャバクラを心の拠り所にしている男性は意外に多く、キャバクラに行ったことのない男性でも、お金に余裕があれば行きたいと思っている人がたくさんいます。
しかし、女性はどうしても男性に対して夢見がちで、風俗や水商売に通う男は最低だと考えている人がいまだに多くいます。
キャバクラ通いを家族に打ち明けようと試みることはとても大切なことですが、知らないからこそ幸せでいられるというがあるということもまた事実です。"

白衣の天使ならぬちょっとセクシーな天使。

"キャバクラは、疲れたサラリーマンを癒してくれる憩いの場です。
全国どこにでもあり、北陸・甲信越地方にもたくさんのキャバクラが存在します。
女性には理解出来ないかもしれませんが、高いお金を払ってでも若くて綺麗なお姉ちゃんがいるところでお酒を飲みたいのが男性です。
それはたとえ愛する妻や家族がいても同じで、家庭への愛情とキャバクラへの情熱は全く別物なのです。
女性がご飯をお腹いっぱい食べた後に食べるデザートを別腹というように、男性にとっての別腹がキャバクラでありそこで働くキャバ嬢なのです。
キャバクラに通う男性の目的はいくつかあります。
ただ単純に綺麗なお姉ちゃんにお酒を作ってもらって話したいという男性、目当てのキャバ嬢を口説き落とそうと思っている男性、接待で仕方ないという理由で利用している男性などが主な目的ではないでしょうか。
家では言えない仕事の愚痴を親身になって聞いてくれるキャバ嬢は、男性からするともはや天使のように見えることでしょう。
お金はかかるけど、その分の対価としてストレスの発散や癒しをもらっているのです。
女性にとってのエステのようなものだと言えばわかってもらえるでしょうか。"

TOPへ